大成ファインケミカル株式会社

CSRの取り組み

Business Continuity Management(BCM)の推進

災害による事業停止リスク低減を目的として当社は、「事業継続計画」の策定を進めています。震災、新型インフルエンザ、水害のBCPを策定していますが、「防災訓練」の実施や「被災シナリオ」の変更により「事業継続対策」の見直しも「BCP年間運用計画」に織り込み災害に強い企業体質への転換を目指しています。

管理棟の完成(2014年1月)

制震構造(天井の耐震化、窓ガラスの飛散防止、非常時の断水等)に配慮し、緊急時避難場所の強化と平常時には、製品検査と評価及び開発・設計活動の充実を図ることを目的に2014年1月に竣工致しました。

ライフラインの確保

  1. 自家発電機の設置。
  2. 高効率冷却水チラーの設置。
  3. 地下水ポンプ(井戸)の設置。
  4. 飲料水と食料の備蓄。

緊急時の従業員やその家族・近隣住民の宿泊が可能。

本社・工場、営業所・研究所事業継続計画

対象
  • 本社・工場 「千葉県東方沖を震源域とするM7.3 震度6強」
  • 営業所・研究所 「東京湾北部を震源域とするM7.3 震度6強」
  • 全社「新型インフルエンザ 欠勤率80%・致死率2%」

予防・被害低減策と事業継続策

  予防・被害低減策 事業継続策
全社 ・安否確認システム(グループ会社統一)
・社員住所録と居住マップ整備
・緊急時従業員携帯カード
・備蓄品確保(食料・飲料水・マスク・消毒液・ライフジャケット等)
・ホームページへの情報掲載
・通信(PC)用小型発電機導入
製造グループ ・基幹システム更新
・落下・転倒 防止
・緊急反応停止希釈設備
・災害時設備点検リスト作成
・代替設備修理(第二)業者
・品質検査移管
・自家発電機更新
営業グループ ・基幹システム更新 ・製品在庫積み増し
・外注倉庫分散
・製品製造優先度一覧作成
・販売先連絡一覧整備
・緊急情報通知文作成
・受注業務移管
技術グループ ・落下・転倒防止
・分析機器類移動
・災害時設備点検リスト作成
・検査・評価機器・設備業者リスト作成 ・試作品評価移管
購買グループ ・基幹システム更新 ・取引業者連絡一覧作成
・原料から製品検索プログラム作成
総務グループ ・基幹システム更新
・サーバハウジング
・資金確保
・被災従業員支援ルール

2014年BCP運用計画(概要)

項目 時期 項目 時期
安否確認シート改訂
従業員住居マップ改訂
4月 内部品質監査(BCPも含む)
防災訓練(BCP含む)
10月
新入社員BCP教育 4月 次期計画策定 2月
内部品質監査(BCPも含む)
グループ会社統一全社安否確認訓練
9月 マネジメントレビュー(下期)
グループ会社統一全社安否確認訓練
3月
マネジメントレビュー(上期) 10月    

BCP講演記録

BCP講演記録
大成化工グループ BCM文書
(2014年10月新設)

BCPからBCMへの推進

大成化工グループでは、「事業継続計画基本方針書」「緊急時対応計画(ERP)」「危機管理計画(CMP)」を策定致しました。グループ全体でリスクへの対応力を向上させ、社会に貢献し続けられるグループ企業を目指しています。

ニュートン・コンサルティング株式会社様のBCP/BCM策定事例で当社を紹介して頂いています。

ニュートン・コンサルティング株式会社
http://www.newton-consulting.co.jp/solution/bcm/case_taiseikako.htm

PageTop