大成ファインケミカル株式会社

機能商品事業部

防虫商品

オプトエナジー®誘虫Bランプ

「オプトエナジー」は大成ファインケミカル株式会社の登録商標です。

オプトエナジーシリーズ 誘虫Bランプ一般蛍光灯よりも飛散防止効果が望まれていたのが誘虫ランプ。
しかし、従来の皮膜技術では、誘虫効果の低減と飛散防止効果の短寿命が問題でした。
新開発のBランプは、誘虫効果の低減を抑え、しかも飛散防止効果もJEL218(旧JIS C7601)耐飛散性試験をクリアする防虫対策・ガラス飛散防止対策の誘虫ランプです。

抜群の誘虫効果

防虫対策

誘虫ランプに飛散防止膜を施すと、従来の技術では、どうしても本来の誘虫効果を半減させてしまいました。しかし、誘虫Bランプでは特殊製法によって、誘虫ランプ本来の効果をほとんど低減させることなく(5%以内)、ガラス飛散防止用ランプでありながら抜群の誘虫効果を発揮します。

人と虫の可視光域の違いを利用した誘虫効果!
人と虫の可視光域の違いを利用した誘虫効果!

※人の目-通常撮影 虫の目-昆虫が感応しやすい光の波長だけを透過する特殊フィルター(透過波長300~400nm)を使用した撮影イメージ写真

防虫対策は、「誘虫Bランプ」との組み合わせで!

オプトエナジーは、虫を誘引しない光の「防虫オプトロン」と、迷い込んだ虫を集める光の「誘虫Bランプ」があります。この組み合わせで、虫の早期捕獲をおこなって下さい。

組み合わせで虫をコントロール!

万一の落下事故でも安心!ガラス飛散防止!

ガラス飛散防止

誘虫ランプから放たれる強力な紫外線によって、飛散防止膜樹脂が劣化してしまい、従来の技術では飛散防止効果を持続させられないことが悩みの種でした。誘虫Bランプでは特殊製法によって飛散防止膜樹脂の劣化を抑えることを可能としました。

蛍光ランプのガラス飛散性能
蛍光ランプのガラス飛散性能
ランプの交換作業が最も危険

蛍光ランプの破損事故の主な原因は、ランプ交換時のちょっとした不注意から発生しています。「オプトエナジー」は、ランプ一体型の飛散防止性能なので、交換作業時のランプ破損でも安心です。

破損の主な原因

Wの効果で落下時の衝撃を吸収!

誘虫ランプから放たれる強力な紫外線によって、飛散防止膜樹脂が劣化してしまい、従来の技術では飛散防止効果を持続させられないことが悩みの種でした。誘虫Bランプでは特殊製法によって飛散防止膜樹脂の劣化を抑えることを可能としました。

クッションダンパー/中空構造 1.7mmの中空構造
図/ランプの割れる原理
図/誘虫Bランプの場合

知っておきたい飛散防止対策ランプの基礎知識

1. 誘虫効果のない誘虫ランプは意味がない!

誘虫ランプの寿命は5000時間!

誘虫ランプは人の目で点灯していても、虫の目に暗くては意味がありません!
定格寿命は5,000時間です。

誘虫ランプ(スタータ形20W)の定格平均寿命は5,000時間で、一般蛍光ランプ(ラビットスタート形40W)の定格平均寿命12,000時間の半分以下です。
虫に対する誘引効果を期待するなら、6ヶ月を目安に誘虫ランプを交換することをお勧めします。人の目には点灯していても、虫の感知する光の波長は、非常に早い時点で弱まってしまっているのです。

2. 誘虫ランプは、ガラス飛散の危険率3倍以上!

交換は危険の回数

交換回数が多い誘虫ランプ!
一般蛍光灯よりも飛散防止効果が 望まれています。

誘虫ランプは、一般蛍光灯の3倍以上も交換が多いことから、それだけ破損やガラス飛散の可能性が高いと言えます。また、一般蛍光灯よりも低い位置で捕虫器に使用する為、ぶつけによる破損や落下などの危険度も増しています。

オプトエナジー誘虫Bランプ仕様
大きさ区分
20形
種類
誘虫Bランプ
光源色
ライトブルー

PageTop