大成ファインケミカル株式会社

機能商品事業部

防虫商品

オプトロン®フィルム

「オプトロン」はイカリ消毒株式会社と大成ファインケミカル株式会社の登録商標です。

防虫・ガラス飛散防止・省エネ オプトロンフィルム

工場

工場

店舗

店舗

レストラン店内

レストラン店内
「人には見えて、虫には見えない」光のテクノロジー

光の波長をコントロールして、虫を誘引する光を虫から見えない光にしてしまう防虫システム「オプトロン」。国内外で特許を取得したこの原理は、オプトロンフィルムでもいかんなく発揮されます。

窓ガラスに貼って、室内照明に寄ってくる外部の虫を誘引阻止率約80%を実現。薬剤を使用しないため人間の健康や地球環境へのリスクがなく、しかも、紫外線や熱の遮断、省エネルギーなどの効果も備えた画期的な商品です。虫害によるロスやトラブルを回避でき、食品工場、医薬品工場、店舗などに多大なメリットを提供します。

オプトロン施行時の光のイメージ(防虫クリア)

実験 再現性の高い「オプトロン法」での実験

【試験方法】フィールド試験専用照明器(白色蛍光灯10形)を直線上に5m間隔で6台配置し、そのうち3台はオプトロン防虫製品の試験サンプルを、残りの3台はコントロールとしてガラス板を装着します。日没後、点灯10分間に照明器に誘引される飛翔昆虫を、照明器の左右に取り付けた粘着シートで捕獲します。その捕獲数から昆虫の誘引阻止率を求め、製品の防虫効果とします。

虫の光誘引阻止効果の試験をフィールドにおいて継続的に行い、 過去10年以上にわたる数多くのデータでも安定した数値が出ていることから、試験方法やデータの信頼性は 非常に高いと言えます。日本環境動物昆虫学会でも承認されています。

ガラスの飛散を未然に防ぐ!

災害や事故によるガラス破損に際しては、強力な接着層が窓ガラスにしっかりと密着し、飛散や落下を未然に防ぎます。

衝撃破壊試験

JIS A5759規定飛散防止水準をクリア。
耐久年数(目安):約10年、(外貼用約5年)
災害時に割れたガラスの落下や爆風による飛び散りが凶器になり、二次災害に大きく影響します。「オプトロンフィルム」を窓ガラスに貼っていると、万が一、ガラスが割れた場合でも破片の飛び散りを抑えることができるので安心です。工場においては、ケガだけでなく、製品への異物混入対策にもなります。

フィルム装着
フィルム装着
フィルム未装着
熱線カットで、省エネ・CO2削減に貢献!

オプトロン®防虫断熱クリアにおいては、室温を上げる主な原因である、日射と赤外線を大幅にカットできます。冷房の電力消費と室外機の廃熱を抑え、地球温暖化防止・CO2削減に効果的です。

※環境省依頼の実証機関である財団法人建材試験センターにより実証されています。
「オプトロン®防虫断熱クリア」の断熱性能は、下記報告書をご覧ください。
報告書 : http://www.jtccm.or.jp/seino_j_kikan19fy_kekka

自動車による実験  同じ車種の自動車を2台並べて、同時に車内温度変化を測定しました。
3mmガラス+オプトロン®ecoクリアブルー
ETV 環境省 環境技術実証事業
オプトロンフィルム仕様
オプトロンフィルム仕様
カラーサンプル(全て透明、もしくは半透明のフィルムです)
オプトロンフィルム カラーサンプル
ガラスの熱割れについて

下記のような条件により、施工後に温度が上昇し割れることがあります。

  1. ガラスの種類(網入り等)
  2. 窓の方角
  3. ガラスへの影の入り方
  4. 窓付近にある反射物の影響(カーテン・ブラインド等)
  5. ガラスの大きさ・形状
  6. ガラスの取り付け状況(パテ等)

透明板ガラス以外にオプトロン®を貼られる場合は、充分にご注意ください。
詳しくは施工・販売店または製造元までお問い合わせください。

PageTop