大成ファインケミカル株式会社

機能商品事業部

樹脂系景観舗装材

天然ウッドチップ舗装 透水モクランド

天然木のソフトな歩行感と優しい風合い、
環境・人にやさしい舗装材

環境と人にやさしい舗装材「透水モクランド」は、天然ウッドチップを特殊ウレタン系樹脂で固める舗装材です。 優しい風合いで、自然と調和した景観を演出します。

施工例
遊歩道/トラック外周散/策路/公園内
標準骨材 2種類(L・M)

標準の骨材は2種類ご用意しておりますが、現地で用意したウッドチップ材を使うことも可能です。

L [粒径6〜10mm]

M [粒径3〜6mm]

※色見本と製品色は多少異なる場合があります

適応箇所

・公園 ・遊歩道 ・緑地 ・園路 ・森林公園 ・自然公園 ・散策路 など

透水モクランド施工仕様
  1. 透水性アスファルト舗装
    ※下地の仕様は、用途及び使用条件により砕石とする事が可能です
  2. プライマー
  3. モクランド(30〜40mm)
  4. トップコート
施工方法(施工厚40mm、チップルL使用の場合)

推奨下地は、透水性アスファルト舗装になります

  1. 1. 下地研掃
    サンドペーパーを取り付けたポリッシャーやディスクグラインダーなどで透水性アスファルト舗装面を研磨し、油分やゴミなどを除去する。その後、丁寧に清掃を行う。
  2. 2. プライマーの塗布
    「SAプライマー」をローラー刷毛やジョウロを使用し、1m²当り150〜300g塗布する。
  3. 3. 材料の混合
    1. モルタルミキサーに「チップルL」40ℓと水道水4ℓを入れて、ウッドチップを湿らせます。
    2. さらに「ウッドバインダーS」2.8kgを投入し、良く撹拌して混ぜ合わせます。
    ウッドチップルとウッドバインダーSの混合
    ※チップルMを使用の場合は、「ウッドバインダーS」の投入量は3.2kgになります
  4. 4. 材料の敷均し
    1. 施工箇所に混練した材料を運び、レーキなどで施工厚が40mmになるよう材料を均してください。
    2. 仕上げは、電熱ローラーで充分に転圧し施工厚40mmに仕上げます。

  5. 5. トップコートの塗布
    敷均したウッドチップが硬化したのを確認したら、「ウッドバインダーS」と「透水洗浄液」を2:1で希釈した混合液をウッドチップ舗装面にローラー刷毛やジョウロを使用し、1m²当り600〜900g塗布する。
  6. 6. 養生・開放
    施工箇所は、フェンスやパイロンなどで立ち入り禁止としてください。施工後は24時間以上は、立ち入り禁止としてください。(冬季10℃以下の場合は48時間以上)
    ※施工面積が広い場合は、10〜20m²間隔で施工目地を設置してください
[施工上の注意事項]
  • ウレタン樹脂を施工面以外に付着させてしまった場合は、直ちに「透水洗浄液」で拭き取ってください
  • 使用した施工用具は「透水洗浄液」で洗浄してください
  • 施工する際は、保護具を装着し材料が直接、皮膚などに付着しないように注意してください
  • 水道水や「ウッドバインダーS」などの配合量は、施工条件に応じて調整する必要があります
[工法上の注意事項]
  • 本工法は、天然ウッドチップを使用する工法の為、施工後に膨れ、ひび割れ、反り返り、浮き、色むら、粒取れなどが発生する場合があります
  • ご理解の上ご使用ください
  • この商品についてのお問い合わせ電話番号|03-3692-3112

PageTop